泣く=生存の危機  |  園長のはなし | 今井保育園 | 社会福祉法人光道会。東京都青梅市今井の認可保育園。

園長のはなし

泣く=生存の危機

« | TOP | »

 新しい年度となって、あっという間に1ヶ月がたちました。
 最初の頃は大きな泣き声が聞こえてきましたが、それもだんだんと小さくなっています。泣き声が小さくなるということは不安を感じている子が少なくなっている証拠ですので、あらためて子ども達の順応性の高さに驚かされます。

 慣れない環境の中、不安と緊張でどうなるのか心配、というのは大人よりも子どものほうが一層強く感じます。まだ言葉がうまく出ない乳児はもちろん、流ちょうにお話ができているような幼児であっても、それは同じです。むしろ自分の不安を訴える方法が泣くことしかないのですから、大人に比べてずいぶん不便なものでしょう。不便以上に「泣く=生存の危機を感じている」と訴えているわけで、必死さが違います。「泣かないの!」なんて言ったところであまり意味がありません。なにしろ危機ですから。

 とは言え大人も指をくわえてみているだけではありません。不安をぬぐいさろうと色々手を尽くすのですが、なかなか泣き止みません。子どもは9才ごろから大人と同じ理屈で考え始めると言われます。裏返せば、9才前の子どもは大人と違う理屈で考えていると言えます。大人が大人の理屈で何度も言い聞かせても、子どもは自分の理屈に合わなければ不安を持ち続けます。大人はここを理解して、彼らに寄り添う必要があるでしょう。

 寄り添う、と言いましたが行なうことは単純です。泣いている子を抱っこしてあげる、気持ちを代弁する声掛けをする、少しでも興味を持ったものをすぐ渡してあげるなど、子どもが今感じている不安を代弁してあげる、さらに不安がなくなりつつあるときに現れてくる好奇心を安心するきっかけにする、といったものです。これによって不安は解決できるものではありませんが、その子の受けとめ方を変えることはできます。「不安じゃなくなったわけではないけど、今はこのおもちゃに興味があるぞ」といったように。

 「子ども叱るな来た道だもの」という格言があります。すっかり忘れてますが、我々大人もかつては随分泣いて不安を訴えていた子どもだったのですから、今度はその不安を受けとめてあげたいですね。

« | TOP | »

[公開日時]2015/04/30 13:27 [カテゴリー]

コメントは受け付けていません。

お知らせ

【固定】2019/1/4
今井保育園 園舎改築のお知らせ(PDF / 439KB)
【固定】
保育士(臨時職員・2019年4月採用)と学生アルバイトを募集しています。
2019/1/12
今井保育園の保育が書籍で紹介されました
2018/10/19
「平成29年度 施設型給付費」について(PDF / 438KB)
2018/7/26
看護師(正職員)を募集しています。(終了しました。多数のご応募ありがとうございました。)
2017/10/18
「平成28年度 施設型給付費」について(PDF / 398KB)
2017/9/30
今井保育園および社会福祉法人光道会のWebサイト(kodokai.jp)がSSL通信に対応いたしました。
2017/9/9
就業規則に「同性パートナーシップを婚姻相当とみなす」規程を制定しました
2017/1/10
入園希望者保育見学会 予約ページを開設しました
2016/12/6
和楽倶楽部様主催・当園園長講演「保育のこころもち〜今井保育園の保育を通じて〜」開催のお知らせ
2016/10/25
子育てひろば講演「保育のこころもち〜今井保育園の保育を通じて〜」(今井保育園 入園希望者向け説明会)開催のお知らせ
2016/6/23
日経新聞に「PRIDE指標(LGBT就業規則評価指標)」の記事が紹介されました
2016/6/1
平成27年度 東京都保育士等キャリアアップ補助金等に係る財務情報等の公表(PDF / 508KB)
2016/2/19
求人情報ページに「就業規則」等を掲載しました! ご応募の参考にしてください。
2016/2/19
情報開示ページに「今井保育園の保育園運営規程」等を掲載しました。
2015/6/3
就業規則にLGBTへの差別禁止条項を記載しました
2015/3/20
『福島県の子ども達支援プロジェクト』(一般社団法人 東京都民間保育園協会 青年委員会)にご協力いただきありがとうございます。
2015/2/16
平成26年度 保護者向け保育園サービス利用者調査の結果を開示しました。
2014/2/5
東京都による給食食材の放射性物質検査を実施しました(4回目)

最新記事:園長のはなし

トップ | 子育て支援 | 健康管理 | 情報開示 | 園長ブログ | お問合せ | 採用情報 | 見学予約