多様性  |  園長のはなし | 今井保育園 | 社会福祉法人光道会。東京都青梅市今井の認可保育園。

園長のはなし

多様性

« | TOP | »

 最近、多様性を大事にしよう、というお話をよく耳にします。生物の多様性を保護しよう、とか、多様な文化を認め合おう、というように言われることです。
 なぜ多様性が大事か? といえば、単一な性質だけで構成されているモノは最適な環境であれば大いに繁栄しますが、少しでも環境が変わってしまうと全滅してしまいます。多様性があると、環境変化に対応できる部分があり、そこから全滅を防いで生き残りの可能性を残すことができる、と考えられるためです。

 多様性という言葉は、違いを認める、とも言い換えられます。こうでなければならない、こうあるべきだ、と決めてしまうと、そこから外れるすべてのものを全部拒絶してしまいます。同じものを同時に見たとしても、三者三様の見方をされると思いますが、その違いを受け入れなければケンカしておしまい、となってしまいます。逆に違いを認め合うことをチャンスと考え、「君はそう考えるのか。それは私には無かった視点だ。我々は2つの視点を手に入れられたね」と言えたら…まったく違う未来があらわれるでしょう。

 子供という存在は、多様性のかたまりではないかと考えさせられます。大人から見れば、まったく意味が無いことや失敗することがわかりきったことを、しかもかなりこだわってやり続けます。そんなことはすぐやめてもらって、「ちゃんとしたこと」をやって欲しい、と急いでいる時などは特に思います。しかし、もうお分かりだと思いますが、このムダが多様性を作り出し、成功率を高めていく練習となっています。
 大人が先回りして、子供に無駄なことをさせないのは、失敗を許さないのと同じことです。発明王トーマス・エジソンは「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ」という言葉を残しました。子供の「無駄な行動」は「二万回の発見」の中の1回です。一見無駄と思えることでも、成功するためには必要な失敗なのです。

 安心して失敗できる。失敗は楽しい。多様性を認めるとは、子供にそう思わせ、チャレンジを促す環境を与えることなのです。
 大人には大変忍耐がいるお話ですが。

« | TOP | »

[公開日時]2013/09/30 16:07 [カテゴリー]

コメントは受け付けていません。

お知らせ

【固定】2019/1/4
今井保育園 園舎改築のお知らせ(PDF / 439KB)
【固定】
保育士(臨時職員・2019年4月採用)と学生アルバイトを募集しています。
2019/1/12
今井保育園の保育が書籍で紹介されました
2018/10/19
「平成29年度 施設型給付費」について(PDF / 438KB)
2018/7/26
看護師(正職員)を募集しています。(終了しました。多数のご応募ありがとうございました。)
2017/10/18
「平成28年度 施設型給付費」について(PDF / 398KB)
2017/9/30
今井保育園および社会福祉法人光道会のWebサイト(kodokai.jp)がSSL通信に対応いたしました。
2017/9/9
就業規則に「同性パートナーシップを婚姻相当とみなす」規程を制定しました
2017/1/10
入園希望者保育見学会 予約ページを開設しました
2016/12/6
和楽倶楽部様主催・当園園長講演「保育のこころもち〜今井保育園の保育を通じて〜」開催のお知らせ
2016/10/25
子育てひろば講演「保育のこころもち〜今井保育園の保育を通じて〜」(今井保育園 入園希望者向け説明会)開催のお知らせ
2016/6/23
日経新聞に「PRIDE指標(LGBT就業規則評価指標)」の記事が紹介されました
2016/6/1
平成27年度 東京都保育士等キャリアアップ補助金等に係る財務情報等の公表(PDF / 508KB)
2016/2/19
求人情報ページに「就業規則」等を掲載しました! ご応募の参考にしてください。
2016/2/19
情報開示ページに「今井保育園の保育園運営規程」等を掲載しました。
2015/6/3
就業規則にLGBTへの差別禁止条項を記載しました
2015/3/20
『福島県の子ども達支援プロジェクト』(一般社団法人 東京都民間保育園協会 青年委員会)にご協力いただきありがとうございます。
2015/2/16
平成26年度 保護者向け保育園サービス利用者調査の結果を開示しました。
2014/2/5
東京都による給食食材の放射性物質検査を実施しました(4回目)

最新記事:園長のはなし

トップ | 子育て支援 | 健康管理 | 情報開示 | 園長ブログ | お問合せ | 採用情報 | 見学予約