お知らせ」カテゴリーアーカイブ

園長のはなし

新型コロナウイルスの対応による卒園式の変更について

日頃より保育園運営に御理解、御協力をいただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染を予防し、園児とご家族の健康を守るため、3月14日(土)に予定されている卒園式について、以下の通り変更いたします。

・卒園児とその保護者1名のみと職員の出席で実施します。席はなるべく余裕をもって配置し、換気には十分に配慮します。
・挨拶の短縮など式全体を簡略化し、なるべく短時間に終了します。
・来賓のご出席はありません。
・謝恩会は開催しません。

このような状況下であっても、子供達にとって記念すべき日であることには変わりません。いまできることを検討し、まごころを込めて卒園式を行いたいと考えております。

また当日ご参加されなくても、後日保育時間中に保育証書の授与を執り行う予定ですので、ご心配の場合はご欠席いただいてもよろしいかと思います。

ご出席の有無ついては3/10(火)までに、コドモンからご連絡ください。

ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

[公開日時]2020/02/29 19:34 [カテゴリー]

さようなら今井保育園、よろしく今井保育園

今井保育園の新旧園舎が並んで見られたのは、1月18日まででした。

旧園舎に今までのお礼を言い、新しく命が吹き込まれたような新園舎にこれからよろしくと挨拶をして、14日(火)より新環境での保育をスタートしています。

最初の数時間は物珍しさに興奮していた子供達もすぐに新しい環境に馴染んで、それぞれの面白さと発見を楽しんでいます。

[公開日時]2020/01/19 09:25 [カテゴリー]

子どもの本来の姿を『見える化』する

先日の運動会は雨の中ご参加いただき、ありがとうございました。
園児たちは普段とは違う小学校の体育館に戸惑うこともなく、リラックスしてプログラムを楽しんでくれたようです。

また10月は台風19号により日本各地で大きな被害が起こり、9月の15号の被害とともに、災害の恐ろしさを改めて思い知らされました。
その際には、登園を予定されていた皆様にご迷惑をおかけしましたが、園からのお願いをお聞き届けいただいたおかげで、事故なく過ごすことができました。改めて感謝申し上げます。

10月というタイミングは保育園にとっては、今年度後半の最初の月、ということになります。今年は4月から保育方法を大きく変え、その最初の評価が問われるタイミングでもありました。

4月の時点ではまだ昨年度の姿であった子供達ですが、半年後の今と改めて観察すると大きな成長を遂げていることに気づきます。
例えば昨年ばら組(4才児)の時には友達の言うことをそのまま聞いていた子が、ゆり組(5才児)になった辺りから自分の望まないことについては反発するようになりました。
現在では反発するだけではなく、自分の意見を伝えたり、折り合いがつかなければ無理に近づかなくても良い、という更に高度なコミュニケーションを行なうようになっています。
すみれ組(3才児)・ばら組(4才児)の子供も、そのような年上の様子をよく観察していて、ケンカする時にも「ピーステーブルでお話しよう」と話し合いでの解決を探る姿が見られます。

一見、大人がきっかけを与えることで子供が変化した、と見えるかもしれません。
しかし私は、環境が子どもの本来の姿を「見える化」しただけではないか、と考えています。
元々子ども達には話し合いなどの建設的な解決方法を探る能力があった、しかし「急がせる大人」の存在で、限られた時間での解決を図らなければならず、もっとも簡単な暴力=手を出すケンカで解決するしかなかった、ということです。

時間を十分にとり、慌てなくても良い環境を作って、保育者が自分の都合で子供を操ることがないようにすることで、子供が持つ本来の姿が見えてきた、というのが本当なのではないでしょうか。

このような子供を一方的に劣ったものと見ず、「一人の人間」として見る取り組みは少しずつ全国の保育園・幼稚園・こども園で始まっています。
当園も、子ども達にとってより良い取り組みが全国に広がっていくよう、下半期もじっくりと子ども達と向き合いたいと思います。

[公開日時]2019/11/01 16:00 [カテゴリー]

当園の保育について紹介していただきました

チームビルディングス(株)様のWebメディア「One Nursery」内で当園の保育について紹介していただきました。

[公開日時]2019/05/10 10:29 [カテゴリー]

ニュースリリース:今井保育園 園舎改築工事 入札結果のお知らせ

平成31年 2月 4日

社会福祉法人光道会(本部:東京都青梅市今井2-1125-2、理事長:橋本光正)は、2018(平成30)年度~2019(同31)年度の事業である今井保育園(所在地:東京都青梅市今井2-1125-2、園長:橋本貴志)の園舎改築工事の請負事業者を決定する入札を、平成31年2月1日(金)に実施しました。

入札の結果、今次計画の請負事業者は岩浪建設株式会社(本社:東京都青梅市長淵5-1420、代表取締役:岩浪岳史)に決定しました。

1) 入札結果の概要
対象工事名:(仮称)今井保育園改築工事
入札日:平成31年2月1日
落札業者名:岩浪建設株式会社
落札金額:434,000千円(税別)
備考:別紙資料を参照のこと。

2) その他
本件に関する事象でお知らせすべきことが発生した場合は判明次第お知らせします。

【本件についての問い合わせ先】
社会福祉法人光道会 今井保育園 0428(31)5856
青梅市役所 子ども家庭部子育て推進課保育幼稚園係 0428(22)1111(代表)

【添付資料】
別紙資料(PDF / 50KB)

リリース内容の全文PDFはこちら(PDF / 88KB)

[公開日時]2019/02/04 14:01 [カテゴリー]

今井保育園の保育が書籍で紹介されました

今井保育園の保育が書籍で紹介されました。

今回ご紹介いただいたのは「ヒヤリ・ハット報告」という事故防止の取り組みです。
今月末に発売される『重大事故を防ぐ園づくり』(ひとなる書房)の中で上記の取り組みの一部をご紹介いただきました。保育関係者向けの書籍ですのでお手に取られる機会も少ないかと思いますが、お見かけになりましたらご一読いただければ幸いです。

当園は子ども達により安全な環境で生活していただくため、以前より「ヒヤリとした」「ハッとした」出来事を記録し、大きな怪我を招くような環境を発見・対策を取る取り組みを行なってまいりました。
現在はその取り組みを進め、より多くの事例を記録でき、なおかつ子ども達の活動を邪魔しない、質の高い保育が実施できるような内容になるようにと改善を続けています。

[公開日時]2019/01/12 09:41 [カテゴリー]

ニュースリリース:今井保育園 園舎改築工事について

平成31年1月4日

社会福祉法人光道会(本部:東京都青梅市今井2-1125-2、理事長:橋本光正、以下:光道会)は、2018(平成30)年度~2019(同31)年度の事業として、同法人が設置・運営する認可保育所「今井保育園(所在地:東京都青梅市今井2-1125-2、園長:橋本貴志)」の園舎改築を決定しました。設計・意匠デザインは株式会社日比野設計(本社:神奈川県厚木市飯山2343、代表取締役:日比野拓)に委託します。
この度光道会理事会では、入札等手続きについての議決をいたしましたので、お知らせいたします。

1) 改築工事のスケジュール
現在予定されている改築工事の予定スケジュールは以下の通りです。

2019(平成31)年
2月1日 工事請負業者入札
2月末迄 工事に対応する現園舎のリフォーム工事および園庭木の伐採など工事前作業
3月中  工事着工
12月中 竣工・現園舎からの移転
2020年3月まで 現園舎の解体および園庭整備工事(第一期)完了

※測量、地盤調査等の事前調査は既に完了しております。

2) 園舎改築の経緯
現在の園舎は昭和51年に横田基地の騒音対策として改築し、以来40年を超えて使用しています。長年の経年劣化にともない修繕で対応をしておりますが設備の老朽化は免れず、青梅市から旧耐震基準による建築のため建物全体としての耐震性能にも問題がある可能性があるとのご指摘をいただいております。
また保育の在り方についても、40年前の基準で建てられた環境では、今日東京都から示されている整備すべき環境や、本年改定された「保育所保育指針(保育所の運営について厚生労働省が定めた指針)」が示す内容に対応することが困難になっております。
光道会理事会で検討を重ね、青梅市とも相談の結果、園舎を改築するとの結論に達し、2018(平成30)年度~2019(同31)年度事業として改築を進めることといたしました。

3) 園舎改築工事の概要
仮園舎の利用はありません。新園舎を現在の園庭に建設し、現園舎を取り壊した跡地を新たに園庭として整備いたします。
外観イメージおよび建設予定地は、別紙資料(別紙1および2)(PDF / 436KB)でご確認ください。

4) その他
上記以外についてもお知らせすることが判明次第お知らせいたします。

【本件についての問い合わせ先】
社会福祉法人光道会 今井保育園 0428(31)5856
青梅市役所 子ども家庭部子育て推進課保育幼稚園係 0428(22)1111(代表)

【添付資料】
別紙資料(別紙1および2)(PDF / 436KB)

リリース内容の全文PDFはこちら。(PDF / 439KB)

[公開日時]2019/01/04 14:15 [カテゴリー]

感染症の対策をお願いします

今年も”インフルエンザシーズン”がやって参りました。

厚生労働省が定めるインフルエンザシーズンはその年の36週からとなっていますので、今年は9月3日の週から警戒時期に入っています。
その後10月初めには、早速東京都で今年最初の発症者が出ております。2月前後のピークをはさみ、終息を迎えるまでの期間は感染しないよう注意しなくてはなりませんので、気を引き締めております。

今井保育園では全職員に全額園負担でインフルエンザワクチンを接種してもらっています。
これは個人の自由に任せるのではなく、多くのお子様を預かり、保護者様を始め多くの大人もご来園される環境であることから、感染症の防波堤となるよう、気をつけていかなければならないと考えているためです。

予防接種と言えば、昨年は麻疹(はしか)、今年は風疹と流行が取り沙汰されています。
麻疹については2年前にこのコラム(平成28年8月 園だより「園長ブログ『知ろうとすること』)でも触れましたが、風疹も同様で、子どもの頃に予防接種をしていない、または1回のみの場合は抗体が十分ではないため感染リスクが非常に高くなります。
また女性は妊娠時に検査されることがあると思いますが、男性はそういった機会がないため、自分が抗体を持っているかいないか知らない方が多いです(私もそうでした)。

自分(親)の母子手帳を確認して、麻疹・風疹ワクチンの接種歴、または罹患歴を確認して、どちらも無いようでしたら、MR(麻しん風しん混合)ワクチンを摂取するように検討したほうがよろしいかと思います。
今井保育園では全職員に麻疹についても抗体検査を実施し、抗体が少ない職員には全額園負担でMRワクチンを摂取してもらっています。

自分自身がかかるだけではなく周囲の人に移してしまう、特に妊娠中の方がかかると母体だけではなくお腹にいる赤ちゃんにも影響が出る可能性が高くなります。

ちゃんと予防接種をしていれば防げる病気です。いろいろな説もありますが、ぜひワクチンの接種をお願いします。

園長 橋本貴志

[公開日時]2018/10/31 16:00 [カテゴリー]

熱中症にご注意ください

非常に高温となる気温が続いています。

子どもは大人よりも体が小さく、気温の変化から大きな影響を受けやすいため、特別配慮してあげる必要があります。

以下のリンクから熱中症や過度の日焼けについての対処方法をご参照いただけますので、ぜひご覧ください。
https://oshiete-dr.net/pdf/201808necchuP.pdf

[公開日時]2018/07/21 00:05 [カテゴリー]

予防接種

当園では手足口病に続き、水ぼうそうが流行中です。
保育所は多くの子供達が過ごす場所ですので、感染症対策は避けられません。病で苦しい思いをするお子様が一人でも少なくなるようにお取り計らいいただいている、各ご家庭のご協力とご配慮に感謝申し上げます。

かく言う我が家も、娘が水ぼうそうでお医者様から登園停止との診断をいただき、お休みしました。比較的軽い症状で、熱はなく発疹は出たもののあまりかゆがりもせず、ということで、親としては心配は少なく済み、ほっとしたところです。

予防接種には病気になりにくくなる以外にも、症状を軽くする効果もあるとのことで、そのおかげもあったのではなかろうかと考えています。

もちろん、接種しても病気になってしまった、症状が重かった、ということもない訳ではありません。それでも、しなかった時代よりも多くの命が助かっているのには理由があります。
生まれて間もなくから、たくさんの注射をされている子供の様子に心が痛むこともありますが、その一本の予防接種が、これから先の健康状態を作ります。

このタイミングで、母子手帳を見返していただき、接種もれがないかご確認ください。

これからの接種について、市や町の健康(保健)センターでも相談に乗ってもらえますので、ご心配がある場合は問い合わせても結構かと存じます。

【近隣自治体の問い合わせ先】

青梅市健康センター ‭0428-23-2191‬
羽村市保健センター ‭042-555-1111‬
福生市保健センター ‭042-552-0061‬
あきる野市健康福祉部健康課 042-558-1111
瑞穂町保健センター 042-557-5072
入間市健康福祉センター ‭04-2966-5513
飯能市保健センター ‭042-974-3488
[公開日時]2017/11/30 16:00 [カテゴリー]